はちみつで脇の黒ずみケアをする方法の紹介

はちみつで脇の黒ずみをケアする方法

自然な方法で脇の黒ずみを治したい人には、はちみつを使った解消法をおすすめします。

はちみつには、ビタミンやアミノ酸など数多くの栄養素が含まれています。食べても美味しいですが、美容法として体の外側から塗るのも良いですよ。

はちみつと塩でスクラブとして使用して、毛穴汚れを除去することができます。脇の下に塗ってパックをすれば、汚れは少しずつ落ちていきます。

また、はちみつとエキストラバージンオリーブオイルを混ぜると、日焼け後のほてった肌を鎮静するのにもぴったりです。

脇にはちみつパックで黒ずみを解消する方法

それでは、入浴時に簡単にできてしまうはちみつパックの方法を、詳しく紹介していきます。美容意識の高い女の子は半身浴をしているという人も多いはず。湯船につかりながらできちゃうので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

まず、入浴前に脇の下にはちみつを塗ります。次にそのまま湯船につかり、蒸気で毛穴が広がるのを待ちます。

そして毛穴が広がって来たら、指の腹でマッサージしましょう。くるくると優しくマッサージすると良いですよ。最後は洗い流して終了です。

とても簡単な方法だし、面倒くさがりの人でもササッとできて手軽なのです。はちみつパックをした後は汚れが落ちているので、石鹸で洗う必要もありません。

はちみつケアの注意点

はちみつを加えることで、肌を保護してくれるのです。敏感肌の方でも使いやすいです。ただし念のためにパッチテストで試してみた方が良いでしょう。

その他に注意点をあげるとすると、はちみつボディスクラブは、ゴシゴシとやり過ぎると逆に肌を傷めてしまう危険性があるということです。肌に必要な油分なども洗い流してしまう恐れもあるのです。

そして継続して使わないと、なかなか効果を実感できません。せっかくのハチミツケアも、これでは台無しでもったいないです。

確実に脇の黒ずみを解消するならピューレパール

肌にダメージを与えず、確実に脇の黒ずみケアをしたいなら、専用のクリームをおすすめします。脇の黒ずみ解消クリームは多くの商品がありますが、なかでも2015年モンドセレクト銀賞受賞のピューレパールが良いですよ。

脇の黒ずみはもちろん、バストトップやデリケートゾーン、ひじやひざなど全身に使用可能です。プラセンタ、グリチルリチン酸、ビタミンC誘導体など肌に嬉しい成分が入っています。

国内製造だし、60日間全額返金保障もついているので、安心して使えます。顧客満足度はなんと90%以上と、人気の美容ジェルなのです。脇の下をいつまでも美しくキープしたい人におすすめです。

どんな方法でも言えることですが、黒ずみのレベルが深刻だとなかなか美白できないことがあります。加齢に伴うターンオーバーの遅れがあると、キレイにするまでに時間を要します。

半年ぐらいは長期的にケアする気持ちでいてください。脇の黒ずみケアは継続と、こまめな手入れが大切です。

脇の黒ずみケア商品をドラッグストアで買うためのコツ

ドラッグストアに売っている脇の黒ずみ解消アイテム

脇の黒ずみをドラッグストアで販売されている商品で治せるのか?と悩んでいる人も多いでしょう。確かに、近くのドラッグストアで販売されている商品で黒ずみが解消できたら非常に簡単です。

定期的にエステやクリニックに通うと、コストもかかってしまいます。しかしドラッグストアの商品で黒ずみケアができれば、とてもリーズナブルです。

クリニックと比較すると、ドラッグストアの商品で脇の黒ずみ解消の効果は少々低めなのが現状です。それでももし、ドラッグストアの商品でケアしたいのであれば、パイナップル豆乳ローションがおすすめです。

インターネットの口コミでも肌にも優しいと人気のある黒ずみ解消ローションです。保湿成分もしっかりと配合されているので、ゴワ付きの気になる肌のキメも整えます。

ドラッグストアのお店によって、パイナップル豆乳ローションの取り扱いがあるところとないところがあります。ほとんどのドラッグストアで入手できます。

近所のドラッグストアにあればぜひ試してみてください。もちろん通販でも買えますよ。

しかし、埋没毛のような脇の黒ずみにはある程度太刀打ちできますが、頑固な黒ずみの症状に対しては、パイナップル豆乳ローションだけで改善できないこともあります。

抑毛効果も期待できるので、塗るだけで毛が細く柔らかくなっていきます。ムダ毛によって黒く見えていたところは当然目立ちにくくなり、カミソリのセルフ脱毛の頻度も減り黒ずみも起こりにくくなるのです。

ドラッグストアで脇の黒ずみ解消商品は少ないという情報

脇の黒ずみに悩んでいる人は、多くいます。とくに夏になると、ノースリーブや半袖を着て腕を上げられない、水着になるのをためらうなど女性の悩みの一つなのです。

近所のドラッグストアで、買える商品はないかな?と探している人も多くいるのが現状です。そもそも脇が黒ずむ原因を知る必要があります。

脇の黒ずみは、肌の再生能力の低下によって起こります。私たちの肌は摩擦などの外部刺激を受けると、メラノサイトからメラニンという物質が発生します。

外部刺激になってしまうものには、摩擦(カミソリや毛抜きなどの刺激、衣類)や紫外線、制汗スプレーがあります。多くある原因をなくしていくことが大事です。

そして次に重要なのが、肌の再生能力を高めることです。28日周期でまわっている、肌のターンオーバーを正常化することが大切。バランスの良い食事、良質な睡眠、適度な運動など基本的な生活を整えるようにましょう。

そして、いつも肌を保湿しておきましょう。乾燥状態が続くと、外部刺激に肌が負けてしまいかさかさになってしまいます。

ドラッグストアでは脇の黒ずみに特化した商品は少ない物の、ピーリングや保湿系のものは販売されています。両者とも肌状態を正常化するにはかかせませんので、ドラッグストアで手っ取り早く解決したい人は、まずピーリングや保湿系のものを使ってみてください。

薬局の脇の黒ずみ解消商品について徹底調査

薬局の脇の黒ずみ解消商品について

・薬局で売られている脇の黒ずみ商品のメリット
薬局で購入するメリットは、気になる商品をその場ですぐ買えることです。通販で購入すると手元に商品が来るまでに時間がかかります。

もしすぐに黒ずみケア商品が欲しいとき、強い味方になります。薬局で買えば送料を含む手数料もかかりません。

そして薬局の商品は大衆向けの商品が多く、値段もリーズナブルなものが多いです。誰でも手の届きやすい価格設定になっているので、気軽に試すこともできちゃいます。

・薬局の黒ずみ解消商品で効果が実感できないことも
ムダ毛や埋没毛による黒ずみなら比較的早く解消できます。しかし、皮膚自体が黒ずんでいる人や、青くなっている人は黒ずみが色素沈着してしまっているため、なかなか白くするのは難しいです。

肌の中のメラニンを根本的に排泄しなければなりません。メラニンに働きかける脇専用のクリームがおすすめです。

したがって、自分の黒ずみがムダ毛によってできたものか、メラニンによるものか見極めることが大切です。

薬局のおすすめ脇の黒ずみ解消商品

・バイソン ワキララ クリアウォッシュ
古くなった角質により硬化した肌を整えるピーリングケア商品です。角質を除去することで、肌のターンオーを促進することができます。できたメラニンよる黒ずみも、薄くなる効果が期待できます。

・メンソレータム ワキレ ホワイト
薬局販売商品の中でも珍しい脇の黒ずみに特化した商品です。価格もリーズナブルなので、誰でも購入しやすいのが特徴です。浸透しやすいビタミンC誘導体と角質を柔らかくする成分が入っています。この2つのパワーでお肌も潤い、古い角質を除去します。

・ロゼット ゴマージュ
本来は顔のピーリングジェルです。脇の黒ずみ対策に使えると話題の商品です。顔の洗顔では老舗のロゼット系商品です。ひじやひざ、気になるかかとのごわつきにも使いたいピーリング。

・ルボア アンティーム オーガニックホワイトクリーム
柔らかい質感でまるで乳液のような心地です。肌の色素沈着による黒ずみに効果が期待できます。使った人の口コミでも、だんだん黒ずみが解消できたと人気です。

・パイナップル豆乳ローション
大豆のイソフラボンという成分で、黒ずんだ脇の原因メラニンの生成を抑制します。美白効果も期待でき、保湿も期待できます。抑毛にも良いので、ムダ毛処理後のケアにもぴったり。イソフラボンとパイナップルの力で、より一層美に磨きをかけてみてください。

短期間で脇の黒ずみを消したいなら

短い時間でしっかりと、脇の黒ずみを消したいのであれば、薬局で売られている商品を使うより、脇の黒ずみケアのために開発された専用の美白クリームを使うのが良いです。

いろいろ薬局を探し、情報も探してみました。しかし薬局やドラッグストアでは、脇の黒ずみ用商品は希少なんです。顔用の黒ずみケアのピーリングや美白クリームは販売されていますが、脇専用は少ないですね。

結局どうすれば短期間で治せる商品を買えるのか?と思うでしょう。インターネットで購入するのをおすすめします。インターネットなら脇に特化した黒ずみケア商品が、薬局よりも多く購入可能です。

定期購入価格などもあるので、お得に買うこともできます。脇の黒ずみはインターネット通販で商品を買うのがおすすめですよ。

市販の脇の黒ずみ解消商品について徹底調査

脇の黒ずみを市販の商品で解消することについて

脇の黒ずみは市販の商品で効くのか?
正直に言うと、市販の商品で脇の黒ずみを完璧に消すのは難しいかもしれません。しかし黒ずみを薄くして、本来の肌色に近づけることはできます!

ただし、黒ずみ解消商品は即効性がなく、長く続ける必要があります。そして個人個人脇の黒ずみの症状に合わせた、商品選びが大切なのです。

後程、市販の脇の黒ずみ解消商品を紹介します。あなたの症状に合わせたものをぜひ、見つけてみてくださいね。

脇の黒ずみ対策の市販品を使うメリット
脇の黒ずみの原因のほとんどが、衣類による摩擦や、セルフ脱毛のカミソリや毛抜きによる肌刺激と言われています。そのため、本格的に脇の黒ずみを防ぐには、脱毛サロンに行き半永久脱毛するのが先決です。

でも、もうすでに黒ずみが表れてしまっている人は、サロンで脱毛してもあまり意味はありません。最近では、以前に比べてリーズナブルな値段で、脱毛ができるようになりました。

とはいえ、脱毛サロンのコースを完了するまでは、数十万円の費用がかかります。黒ずみのためにサロンで脱毛するのは、コスパがあまりよくありません。

黒ずみ専用の商品を使えばもっと、安い価格で脇の黒ずみケアができますよ。

実際市販で売られている脇の黒ずみ解消商品

乾燥肌向けの人の市販品
乾燥肌で古い角質がかたくなってしまった人の場合の、黒ずみケア商品というものがあります。乾燥によるごわごわ肌の人は、まずスクラブやピーリングで古い角質を除去しましょう。

そして肌を軟らかくしてあげます。肌が柔らかくなったら、専用の黒ずみクリームを塗っていくと良いですよ。ただし白くしたいからといって、ゴシゴシピーリングするのは、肌によくないのでやさしくピーリングしてあげてくださいね。

スクラブには塩や重曹のスクラブもありです。市販のピーリング商品では、AHAが刺激が少なくておすすめ。ほとんどのドラックストアで売っています。

メラニンにアプローチしてくれる市販品

・バイソン ワキララ クリアウォッシュ
脇の黒ずみに悩む人のために生まれた「ワキララ」。リニューアルした商品です。スッキリ感が前よりもパワーアップし、キレイな脇が長持ちする成分が配合されています。

ワキララを使えば思わず、魅せたくなる脇になっちゃいますよ。

・リベルタ 白ワキ姫
脇専用ファンデーションとピーリングの商品です。カミソリによって黒ずんでしまった脇や、ニオイ対策にもぴったりです。

脇の悩みを解消し、明るい気持ちになれちゃいます。脇に塗って30秒、消しゴムをこするようにこすります。古い角質がぽろぽろと落ちてくるので楽しいです。

しかもキレイな脇に仕上げてくれるので、角質を落としてビューティーな脇に仕上がります。

・ロゼット ゴマージュ
ロゼットは洗顔でも有名。こちらの商品は古い角質をスッキリ落とすピーリングジェルになります。

白ワキ姫同様、ぽろぽろと落とすタイプです。フルーツ酸のはたらき角質やザラつきをオフしてくれます。ソフトタイプだから肌に負担もかからず安心です。

フローラルフルーティの香りがふんわりと香ります。脇はもちろん、ひじやひざなど気になる黒ずみを落としてくれますよ。

レーザー治療で脇の黒ずみを解消方法を知ってお悩み解決

脇の黒ずみ解消法レーザートーニングについて

その1. レーザートーニングとは
レーザートーニングとは、レーザーの照射モードのことを指します。照射モードとは、出力の強弱のようなもので、トーニングは非常に弱い出力でお肌に負担を与えにくいのが特徴です。

レーザートーニングは、脇だけでなく、顔のしみや肝班の治療にも使用されています。全身の気になる黒ずみに働きかけることが可能です。

その2. 通院日数・時間
負担はかけにくいけど、メラニンを減少させる働きがあり、大変人気のメニューです。複数回通院することで、蓄積したメラニンを減らして黒ずみも解消していきます。1回の施術時間も約10分~約30分と短めです。

その3. 痛み
気になることの一つに、痛みがどれくらいなのか?ということもあると思います。レーザートーニングは、出力部分を肌から話して光をあてるため、それほど痛みは強くありません。

その4. ダウンタイム
そして、今までのレーザーに比べてもダウンタイムが短いです。顔の場合はすぐにメイクをする人もいるくらいです。

脇の黒ずみのレーザー治療の注意点

・施術後は安静に
レーザー治療を受けた後は、お肌にダメージを与えないようにないようにしましょう。レーザー後は非常に、皮膚がセンシティブな状態になっています。

そのため、入浴後には脇の保湿クリームを塗る、念のためノースリーブを着る時は日焼け止めを塗るまたは脇を露出しないようにしてください。つまり、なるべく外部からの刺激を与えないことが大切です。

とくにレーザー後の数時間は、ダウンタイムといってしばらく肌が赤みを帯びたり、ヒリヒリすることもあります。徐々に沈静しますが、1週間ほど長引く時は病院へ行き医師に相談してみましょう。

・再発対策も忘れずに
レーザーで脇の黒ずみが薄くなり、希望通りの色になったとします。ようやく治療も終わり一安心ではなく、完治後も摩擦などの肌刺激対策はしなければなりません。

例えば肌に負担がかかると言われている、カミソリや毛抜きによるセルフ脱毛は出来るだけやめましょう。おすすめは電気シェーバーです。あと脱毛処理前後の保湿も忘れずに行ってくださいね。

もちろん日々の保湿ケアも大切です。せっかく高額で高い効果を得られたのに、再発してしまうなんてことにならないよう、脱毛や保湿は気を付けてきれいな状態をキープしましょうね。

レーザーで脇の黒ずみは躊躇するという方はこの方法

美容クリニックで、確実にレーザー治療していく方法も良いけれど、リスクが大きいのが気になります。

いくら痛みの少ないレーザートーニングがあると聞いていても、輪ゴムではじかれる程度というのが、逆に不安になってしまいます。輪ゴムではじかれるのって結構痛いですし。

あと完治後に再発しないように気を付けるのも大変です。もちろん日々美しくいるための努力は必要です。しかし、レーザーに高額な費用がかかっているだけ、絶対に再発するまいとプレッシャーに感じてしまいます。

それなら、しっかり美白効果も期待でき、レーザーより安い美白クリームを使った方が安心です。例えば、イビサクリームといって、デリケートゾーンの美白クリームがあります。

アンダーの黒ずみをケアしていくものですが、脇にもバストにも使用できます。デリケートなところ専用だから、低刺激です。美白成分は副作用のリスクが低い、トラネキサム酸が配合されています。

気になるお値段は、公式サイトの定期コースで買うのが安くておすすめです。通常価格は税込7,560円+送料360円+手数料150円かかります。

しかし1回目2回目は3割引(税込5,368円)で購入可能。3回目以降も変わらず1割引き(税込6,804円)で続けられます。しかも定期なら送料なしで、28日間の全額返金保証があります。

低いリスクと確かな効果を期待したいという人は、イビサクリームのような脇にも使える美白クリームがおすすめです。

脇の黒ずみ解消を美容皮膚科で行う方法

脇の黒ずみの種類と医療による治療

脇の黒ずみには 次のように3つのタイプがあります。

1、毛穴汚れによるもの
2、色素沈着とカサカサ肌
3、埋没毛とブツブツ毛穴

そして、脇の黒ずみケアができる病院のタイプは2種類あり、治療内容や費用が異なります。

1、皮膚科
2、美容皮膚科

美容皮膚科の方が、黒ずみケアのような美容系の治療が多く、重度の黒ずみケアも取り扱いが多いのが特徴です。しかし塗り薬を使った治療法は、皮膚科の方が安い傾向にあります。

黒ずみの症状レベルが軽度の場合は、塗り薬のケアになるので皮膚科を選ぶと良いでしょう。

美容皮膚科でできる脇の黒ずみケア方法

・ハイドロキノン
別名「肌の漂白剤」といわれる塗り薬を使った治療法です。ハイドロキノンは黒ずみの原因である、メラニンを作るメラノサイトの働きを抑える効果が期待できます。

黒ずみを悪化させることなく、美白ケアが望めます。肌あのターンオーバーの促進が見込めるトレチノインを一緒に処方してくれる病院もあり、併用することも多いです。

高濃度のハイドロキノンは、肌刺激が強く発癌性の恐れもあります。そのため取り扱いには細心の注意が必要です。

・レーザー治療
美容皮膚科ではレーザー治療による黒ずみケアもあります。デリケートゾーンや乳首など、全身の気になる部分を美白することが可能です。

お肌を黒くする原因である、メラニン色素に反応する光を照射して、メラニンを除去します。レーザー治療をする場合は、そのままにしておくと再発しやすいので、美白クリームを併用することが大切です。

ただしレーザー治療は、1回約1万円で5回は通院しなければなりません。高額費用がかかる点が他の方法に比べるとデメリットです。

・ケミカルピーリング
ケミカルピーリングは、薬を使い古い角質を柔らかくして除去する方法です。毛穴汚れなども一緒に落とすことができます。お肌のターンオーバーが遅れていることで、黒ずんでいる場合にもおすすめの治療法です。

ケミカルピーリングを行えば、ターンオーバーも正常に近づき、毛穴詰まりも解消しやすくなります。ただし古い角質を薬品で剥がす方法のため、肌への負担はかかりやすいのがデメリットです。

美容皮膚科で脇の黒ずみケアをするよりも美白クリーム

皮膚科や美容皮膚科のような医療機関では、脇の黒ずみケアができることがわかりました。どれも高い効果は期待できますが、リスクが高いというデメリットがあります。

そのため、お肌の弱い人や高額出費を避けたい人にはおすすめできません。それなら、低刺激の美白クリームを使って、脇の黒ずみケアをした方が良いでしょう。

最近ではイビサクリームのように、デリケートなところ専用で、美白成分や保湿成分もしっかり入った商品も売られています。自宅でできるケアなので、わざわざ通院しなくてもOKでとても手軽にできちゃいます。

もし脇の黒ずみで悩んでいて、美容皮膚科に行こうかな?と検討している方がいるなら、まずは専用の美白クリームで脇のケアをしてみませんか。

脇の黒ずみケアを皮膚科で行う方法

美容皮膚科で行う脇の黒ずみケアの方法

美容皮膚科で行う脇の黒ずみケアの方法は大きく3つあります。各方法をまとめたので参考にしてください。

方法1、ハイドロキノンやトレチノン
塗り薬を使ったケア方法になります。肌の漂白剤と呼ばれるハイドロキノンは黒ずみの原因であるメラニンの数を減らします。お肌のターンオーバーを正常にするトレチノインを同時に処方してもらうことも多いです。

薬代の価格は、あまり高くないですがカウンセリング代に3万円ほどかかる場合もあります。初診料について電話で事前に確認しておくようにしましょう。

ハイドキノンは赤みやかゆみを起こす恐れがあります。またハイドロキノンとトレチノインは酸化しやすく、紫外線で黒ずみが悪化することもあります。いくら医師の処方とはいえ、お肌の弱い人にはおすすめできません。

方法2、レーザー治療
黒ずみにレーザーをあてて、メラニンを破壊する方法です。短期間で確実な黒ずみケアができます。

従来のレーザーほど痛みもなく、輪ゴムではじいた程度の痛みに抑えられているのが特徴です。脇の黒ずみなら20分ほどで施術も終わり5回の通院で治療が終わる方もいます。

ただし、ダウンタイムの過ごし方には気を付けなければなりません。レーザー治療をした後は、肌ダメージを受けやすい状態です。

入浴後と朝の保湿はしっかり行うようにしましょう。脇を露出する際は紫外線ケアも忘れずに出かけてくださいね。

方法3、ケミカルピーリング
脇の毛穴汚れで黒ずんでいる人におすすめです。お肌の古い角質を取り除きターンオーバーを促進することで、黒ずみ改善する方法です。

30分ほどで治療は終わり、約5回~約7回で変化を実感できるでしょう。経過をみながら行うため、連続的にはピーリングを行えません。そのため1クールは1~2ヶ月です。

つまり1年弱はかかるということになります。1回の相場が7,000円ですので、トータルコストは約5万円弱です。
敏感肌の方はヒリヒリすることもあり、あまりに痛みが続くようなら医師に相談してください。

脇の黒ずみケアの際の皮膚科の選び方

あまり美容皮膚科に行ったことがない人のために、どのようなポイントでクリニック選びをしたら良いのか紹介していきます。

1、医師の評価
いくら皮膚科自体の評判や知名度があっても、検診や施術を行う医師の腕前により仕上がりは変わってきます。

クリニックのホームページには医師の学歴や経歴などもチェックができます。過去に行った症例や口コミも確認して、医師で選ぶことも念頭においておきましょう。

2、症例数の多さ
美容皮膚科には治療の実績数や、実績例が掲載されています。とくに写真付きで、過去の症例が多く載っているところを優先して選ぶようにしましょう。

3、費用の明確さ
めったにありませんが、なかには予想外の費用を請求するようなクリニックもあります。カウンセリング時、つまり契約をする前にトータルコストは聞いておくようにしましょう。追加料金の有無も確認しておくと良いですよ。

美容皮膚科も良いけど低刺激美白クリームもおすすめ

確かに美容皮膚科で脇の黒ずみケアをすると、高い効果が望めます。しかし高額費用がかかることや、通院回数の多さ、病院選びの手間を考えるとデメリットも多くあります。

軽度から中程度の脇の黒ずみであれば、わざわざ皮膚科に通院しなくても自宅でケアすることをおすすめします。最近ではイビサクリームのように、低刺激で高い効果が期待できるクリームが販売されています。

美容皮膚科で治療すると、トータルで数十万コストがかかりますが、イビサクリームのような通販の美白コスメなら毎月約5千円で使用可能です。1年かかったとしても6万円しかかかりません。

通院の必要もなく、朝晩2回塗るだけです。美容皮膚科でいきなり治療をするより、まずは低刺激の専用美白クリームでチャレンジしてみてください。