レーザー治療で脇の黒ずみを解消方法を知ってお悩み解決

脇の黒ずみ解消法レーザートーニングについて

その1. レーザートーニングとは
レーザートーニングとは、レーザーの照射モードのことを指します。照射モードとは、出力の強弱のようなもので、トーニングは非常に弱い出力でお肌に負担を与えにくいのが特徴です。

レーザートーニングは、脇だけでなく、顔のしみや肝班の治療にも使用されています。全身の気になる黒ずみに働きかけることが可能です。

その2. 通院日数・時間
負担はかけにくいけど、メラニンを減少させる働きがあり、大変人気のメニューです。複数回通院することで、蓄積したメラニンを減らして黒ずみも解消していきます。1回の施術時間も約10分~約30分と短めです。

その3. 痛み
気になることの一つに、痛みがどれくらいなのか?ということもあると思います。レーザートーニングは、出力部分を肌から話して光をあてるため、それほど痛みは強くありません。

その4. ダウンタイム
そして、今までのレーザーに比べてもダウンタイムが短いです。顔の場合はすぐにメイクをする人もいるくらいです。

脇の黒ずみのレーザー治療の注意点

・施術後は安静に
レーザー治療を受けた後は、お肌にダメージを与えないようにないようにしましょう。レーザー後は非常に、皮膚がセンシティブな状態になっています。

そのため、入浴後には脇の保湿クリームを塗る、念のためノースリーブを着る時は日焼け止めを塗るまたは脇を露出しないようにしてください。つまり、なるべく外部からの刺激を与えないことが大切です。

とくにレーザー後の数時間は、ダウンタイムといってしばらく肌が赤みを帯びたり、ヒリヒリすることもあります。徐々に沈静しますが、1週間ほど長引く時は病院へ行き医師に相談してみましょう。

・再発対策も忘れずに
レーザーで脇の黒ずみが薄くなり、希望通りの色になったとします。ようやく治療も終わり一安心ではなく、完治後も摩擦などの肌刺激対策はしなければなりません。

例えば肌に負担がかかると言われている、カミソリや毛抜きによるセルフ脱毛は出来るだけやめましょう。おすすめは電気シェーバーです。あと脱毛処理前後の保湿も忘れずに行ってくださいね。

もちろん日々の保湿ケアも大切です。せっかく高額で高い効果を得られたのに、再発してしまうなんてことにならないよう、脱毛や保湿は気を付けてきれいな状態をキープしましょうね。

レーザーで脇の黒ずみは躊躇するという方はこの方法

美容クリニックで、確実にレーザー治療していく方法も良いけれど、リスクが大きいのが気になります。

いくら痛みの少ないレーザートーニングがあると聞いていても、輪ゴムではじかれる程度というのが、逆に不安になってしまいます。輪ゴムではじかれるのって結構痛いですし。

あと完治後に再発しないように気を付けるのも大変です。もちろん日々美しくいるための努力は必要です。しかし、レーザーに高額な費用がかかっているだけ、絶対に再発するまいとプレッシャーに感じてしまいます。

それなら、しっかり美白効果も期待でき、レーザーより安い美白クリームを使った方が安心です。例えば、イビサクリームといって、デリケートゾーンの美白クリームがあります。

アンダーの黒ずみをケアしていくものですが、脇にもバストにも使用できます。デリケートなところ専用だから、低刺激です。美白成分は副作用のリスクが低い、トラネキサム酸が配合されています。

気になるお値段は、公式サイトの定期コースで買うのが安くておすすめです。通常価格は税込7,560円+送料360円+手数料150円かかります。

しかし1回目2回目は3割引(税込5,368円)で購入可能。3回目以降も変わらず1割引き(税込6,804円)で続けられます。しかも定期なら送料なしで、28日間の全額返金保証があります。

低いリスクと確かな効果を期待したいという人は、イビサクリームのような脇にも使える美白クリームがおすすめです。