クリニックで脇の黒ずみケアをする方法

脇の黒ずみはクリニックで治療できるの?

結論から言うと、「クリニックで脇の黒ずみケアはできます!」
ただし脇の黒ずみレベルに合わせて、クリニック選びをすることが大切です。脇の黒ずみケアができるクリニックは、美容皮膚科と一般的な皮膚科の2種類に分けることができます。

[美容皮膚科]
黒ずみの治療方法の種類が多く、長年の蓄積した脇の黒ずみ治療も対応可能です。美容皮膚科ではレーザー治療も行えます。しかし塗り薬の治療法になると、かえって高額治療になることもあります。

・重度の脇の黒ずみにおすすめ
・治療法が多い
・塗り薬は皮膚科より費用が高い

[皮膚科]
おもに塗り薬を使った治療法になり、美容皮膚科より費用も割安であることが多いです。しかし、重度の黒ずみには完治までに期間がかかってしまいます。

・軽度~中程度の脇の黒ずみにおすすめ
・塗り薬なら美容皮膚科より割安
・レーザー治療がないクリニックもある

クリニックではどんな治療で脇の黒ずみを治すの?

実際にクリニックで脇の黒ずみケアをするとなると、どのような治療法を受けられるのかまとめました。

[塗り薬]
クリニックでは医師の診察のもと、高濃度のハイドロキノン配合のクリームを処方してもらえます。ハイドロキノンは別名「肌の漂白剤」と呼ばれるほど、強力な美白効果が望めます。トレチノイン酸を併用する場合もあります。

しかしハイドロキノンには発がん性物質も懸念されているため、使用するうえで注意が必要です。

[レーザートーニング]
従来のレーザーは痛くて、肌に負担がかかりやすいものが多かったです。レーザートーニングなら、弱い光を照射してメラニンを破壊するため、痛みも少なく肌への負担がかかりにくいです。

しかし通院回数が多く、コストも高額なのがデメリットです。

[ケミカルピーリング]
酸の力でお肌の古い角質を除去します。肌のターンオーバー促進が望めます。敏感肌の人は刺激が強すぎることもあるので、ヒリヒリしたら医師に相談するようにしてください。

[ビタミンイオン]
美白成分のビタミンを、弱い電流を流しお肌の内側まで浸透させながら、治療する方法です。
ビタミンのメラニン生成を抑制する働きで、お肌の内側に溜まったメラニンにアプローチ。

治療費は高額になってしまいますが、レーザートーニングと併せることで、より高い効果が期待できます。

クリニックで脇の黒ずみケアは勇気が出ないという方のために

皮膚科や美容皮膚科で脇の黒ずみケアをしたいけど、脇を他人に見られるのは恥ずかしいいし、コストも高額なことを考えると、なかなか思い切りが出ません。かといって、安い市販のコスメを使って肌荒れもしたくありません。

そこでおすすめなのが、低刺激の美白クリームを使った方法です。最近はデリケートな部分にも使える、美白クリームが販売されているんです。

例えばイビサクリームという美白クリームは、全身の気になる黒ずみに使えるということで今人気があるコスメです。お肌は敏感なデリケートゾーンにも塗ってもOKなので、脇や乳首の黒ずみケアのも使えます。

有効美白成分トラネキサム酸が、黒ずみの原因であるメラニンにアプローチします。根本解決が望める優れものです。潤い成分8種類配合に、お肌に負担がかかる添加物も「ゼロ」。

イビサクリームなら、わざわざクリニックに行かなくても自宅でケアができるというわけです。
まずはイビサクリームのような美白クリームからケアでも、十分に間に合います!
手軽に本格ケアをはじめて、きれいな脇を目指していきましょう。